前へ
次へ

家族葬は費用を抑える葬儀に向いている

家族葬を選ぶ人の中には大規模な葬儀を選ばないということがあります。
参列者が多くなればなるほど大規模な葬儀にならざるを得ないですが、最近の事情として参列者がだんだん少なってきているという事情があるということです。
年を重ねていけばいくほど疎遠になってくる人たちも出てきますので、自分がいざ葬儀を行うということであれば、家族だけでいいと思う人が多くいます。
家族葬は現代の家族観にマッチした形の葬儀です。
核家族化が進んでおり、付き合いが全くと言ってない親戚もあるくらいです。
付き合いが無い親戚を呼んでもピンと来ないですので、親しい家族だけでひっそりと葬儀を行うというのがニーズに合っていると言えるでしょう。
家族葬であれば参列者が少ないですし、一般的な葬儀に比べると安く済むのはいいことです。
しかし、参列者が少ないということはあまり香典の額が期待できないということでもありますので、もし赤字になるならばどのくらいに抑えるのかを検討したほうがいいでしょう。

Page Top