前へ
次へ

家族葬にしたとしても

故人や喪主の職業とか社会的な地位などによっては家族葬を選んでも多くの人が訪れてきてしまうということもありますのでそのあたりも配慮した上で決めるようにした方が良いでしょう。
費用的な面から考えますと多くの人が訪れてくれた方がいい方は悪いですが収支がプラスになるということもあるわけで、そちらのほうがよい場合もあります。
しかし、これは極めて例外的なことであると考えておいた方がよいでしょう。
基本的にやはり家族葬を選択するという場合は既に現役を退いている人とか特に多くの人が訪れるわけでもないのでということでかなり限定的な参列のみにしてしまうということを考えているわけです。
費用が安く済むという点において家族葬というのは状況によってはそちらの方が良いということもあります。
或は故人の遺志でそうしたいと言われることもあるでしょう。
そうしたときにはそれに従うことにしましょう。
葬儀にはこうしないといけない、いうことはありませんから柔軟に対応することです。

Page Top