前へ
次へ

自由度がとても高いのも家族葬の特徴

これまでの伝統や宗教などを重んじでお葬式は行われてきましたが、比較的自由に決めることができるのも家族葬です。
こんな葬儀にしたいとか、誰を招いてほしいなど、故人の希望や理想を形にするにはピッタリですから、希望のスタイルの葬儀を出すなら申し分はありません。
古いしきたりに縛られる頃はありませんし、何よりも故人の願いを尊重できるのが家族葬です。
もちろん故人の希望だけではなく、遺族の希望も含んで行うことができます。
たくさんの人が参列をしませんので、故人が好んでいた音楽をかけることもできれば、何か作品をつくっていた人なら、それらを展示するなど、周囲の視線を気にする必要がありません。
現代ではいろんな葬儀スタイルがありますが、その中でも規模も小さいことから自由度はかなり高いです。
仏教であっても一般葬と全て同じにする必要はないですし、特に宗教が決まっていないなら、僧侶による読経なしでも構いません。
本当に自由度はハイレベルなので、思いのままの葬儀を出すことができます。

Page Top